訪問歯科の検索なら訪問診療検索なび![訪問診療検索なび]全国版!歯科往診や口腔ケアに取り組んでいる全国の歯科医院を簡単に検索できます 歯科往診や口腔ケアに取り組んでいる全国の歯科医院を簡単に検索できます。
訪問歯科の検索なら訪問診療検索なび!全国版
訪問歯科診療検索なび[検索はここから] 訪問歯科診療検索なび[トップページ] 訪問歯科診療検索なび[訪問診療とは] 訪問歯科診療検索なび[治療・口腔ケア] 訪問歯科診療検索なび[治療費について] 訪問歯科診療検索なび[よくあるQ&A] 訪問歯科診療検索なび[医療機関の皆様へ]
都道府県を選択 検索医院の絞込み 郡・市区町村の入力
訪問診療なび検索次の項目選択 訪問診療なび検索次の項目選択 訪問診療なび検索次の項目選択
歯科医師・衛生士募集無料登録はこちら問い合わせサイトマップ
訪問歯科診療なび[治療・口腔ケア]
 予防介護へ

日本の人口構成は、世界に類を見ないスピードで超高齢化社会へと進んでいます。身体が不自由になってからの“介護“から、”身体が不自由になる前の“予防介護”へと行政の方針が変わりました。団塊の世代が高齢者となる今後、日本にとっても、個人にとっても、いかに健康を保つかということが大きなテーマです。 生き物にとって、口から食べ物を食べるということは、全身の健康を保つために大変重要な役割を果たしています。噛むことができる状態を維持することが、健康への第一歩です。
訪問歯科診療なび:人口ピラミッドの推移
人口ピラミッドの推移
(1930年〜2050年)
大きい画像を見る

 介護の現場

介護を受けている要介護者のほとんどは、口腔内に何らかの問題を抱えています。しかし、身体介護に手一杯で、その9割は治療することなく、放置されているのが現状です

噛むことができるようになるだけで、全身の健康状態は大幅に改善されることが示されています。また、口腔ケアをしっかり行うことで介護予防に効果的であるとも言われています。

 口腔ケア実施によって誤嚥性肺炎が低下したデータ
訪問歯科診療なび:口腔ケア実施によって誤嚥性肺炎が低下グラフ
口腔ケアを実施することで誤嚥性肺炎の発症率が半減します。

米山武義等 Geriatric Medicine,1997

 褥瘡の改善について
訪問歯科診療なび:褥瘡の改善グラフ
不十分な栄養は全身状態を悪化させるとともに皮膚の組織の耐久性を低下させるため、褥瘡が発生しやすくなります。口腔ケア(一部歯科治療を含む)により、栄養摂取状態が改善され、生活意欲の向上をもたらした結果、褥瘡が治癒の方向に向かったと考えられます。

「高齢者住宅口腔介護サービスモデル事業報告書」より

 下痢の改善について

健康な歯がそろっている人に比べて、うまく噛めない人は海藻類や野菜を好んで食べる人がすくないため、下痢や便秘になりやすいと考えられます。食生活の変化により、改善がみられました。

「高齢者住宅口腔介護サービスモデル事業報告書」より
ページ上部へ戻る 
トップページ訪問診療とは治療・口腔ケア治療費についてよくあるQ&A
医療機関の皆様へ運営会社問い合わせサイトマップ
Copyright (c)2004 JDIS. All Rights Reserved.